カードローンの基本的な仕組みについて

カードローンについてはなんとなくわかってはいても正確な説明をすることができる人は少ないようです。

 

個人向けの無担保融資がカードローンです。担保不要で融資を受けることができますから個人の信用を担保としたローンだと考えることもできます。

 

審査を受ける必要があり審査結果によっては融資が認められないという場合もあるのです。ですから本来はあまり気軽に借りることのできるローンではないのです。

 

ですが実際には安定した収入が期待できる定職についている方ならばどなたでも申し込むことができますし厳格な年収の制限などもありません。

 

また最近は学生や専業主婦などでも10万円程度までなら利用のできるカードローンもあります。審査についても以前よりも迅速に行われるようになり利用できる機会は増えているのです。

 

カードローンの基本的な特徴と仕組みについて

 

ローン全般を大きく分類すると目的別のローンとフリーローンの2種類に分けられます。カードローンについてはフリーローンの仲間に分類されます。(正確にはフリーローンとカードローンには若干の違いがありますが、使い道が自由だという点で今回は同じ仲間とします。)目的別ローンというのは自動車購入費用や教育資金などローンの使い道が限定されているものです。

 

一方でフリーローンの場合は使い方は自由で使い道は限定されていません。ですからカードローンの場合には買い物でも旅行でもあるいは他のローンの借り換えでも自由に使うことができるのです。

 

ただし使い道は自由ですがその分金利については目的別ローンよりも高めの設定となっています。

 

カードローンのもう一つの特徴としては決められた限度内であれば何度でも借り入れ(と返済)ができることがあげられます。返済については月々5千円や1万円など設定した金額を返済していく残高スライドの定額リボルビング方式を選択する人が多いです。

 

毎月決められた返済を確実に行っている限りは借り入れ限度内で自由に借り入れができるのです。返済については借り入れ額がゼロであれば発生することはありません。

 

ですからいざという時に備えるためや利用している銀行の優遇金利などが目的でカードローンをつくったけれど実際には一度も利用していないという人も多いのです。もちろん使っていないのですから返済の必要はありません。

 

カードローンのメリットとデメリットについて

 

カードローンでも消費者金融などで一般のローンを利用する場合でも基本的な仕組みは同様なのですが、中小の消費者金融の一般ローンの場合には最近では利用を申し込む度に審査が必要になることが多いです。

 

これはその都度審査を行って申込者の状況を確認することで返済不能に陥ることを防ぐためのものであり、貸し手が取り立て不能になることを防ぐためのものでもあります。

 

一方でカードローンでは一度審査を受けて利用限度額を認められればきちんと返済を行っている限りいつでも再審査などは不要で自由に借り入れを行うことができます。また利用限度額については特別な理由がない限り減額されることもありません。

 

これについてはカードローンを利用していると当たり前のことのように思えてしまうのですが、毎回利用ごとに審査を受けなければならない一般のローンと比べるとメリットは非常に大きいのです。

 

ただし限度額以内であればいつでも自由に借り入れができることから借金をしているという自覚が薄れてしまうという欠点もあります。実際にはお金を借りているのですが、なんとなく利用を続けているとATMなどを利用して自分の口座からお金を引き出しているかのように錯覚してしまいます。

 

ですから一度カードローンをつくって借りることを体験してしまうとその後なんとなく利用を繰り返してしまい、気がつくと何年も何十年もカードローンを利用しているという人もいるのです。

 

カードローンも立派な借金なのですから必要な時にだけ借りてできるだけ早めに完済するということが重要です。いつでも気軽に利用ができるのカードローンのメリットですが、便利なため必要以上に利用してしまうというデメリットもあるのです。

 

カードローンを選ぶ場合に気をつけたいポイントについて

 

カードローンはカード会社ごとにそれぞれ特徴や強みなどに違いがありますから、カードローンを選ぶ場合には利用の目的に合ったものを選ぶことが大切です。またすぐに融資を受けたい場合などには次のような点に注意するようにしてください。

 

まずは即日対応が可能なカードローンを選ぶようにしてください。申し込みはインターネットから行うのが便利です。また申し込みはできる限り早めの時間帯に行ってください。午後の申し込みなどの場合には銀行の営業時間外で翌日の対応になってしまう場合もあります。

 

カードローン会社が指定する銀行に事前に口座を開設しておくと有利です。50万円以上の金額の借り入れの場合には収入証明書が必要な場合がありますから、急ぎの場合には申し込み金額は50万円以下にしておくのがよいでしょう。

 


 ・お急ぎの方にはフル入力がおすすめ!
 ・フル入力で最短1時間融資も可能!

 

 


※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

 

三井住友銀行カードローン