カードローンの返済を滞納した場合のリスクとデメリットについて

カードローンの利用の際には「未払い・滞納・延滞・不払い・支払い遅延」などのような、残高不足で指定日に引き落としができないというケースに十分に気を付ける必要があります。

 

ATMでの入金が指定日に間に合わずに不払いを起こしてしまった場合には、支払い確認ができなかったことと入金の依頼を知らせる内容のハガキが銀行系のカードローンでは保証会社から、また消費者金融の場合にはその金融会社から届くことになります。中には携帯電話に連絡をするという金融会社もありますが、大部分の場合にはまずはハガキによって通知されることになります。

 

またこの通知を受けても返済が行われない場合などには電話などにより連絡が行われることになります。大手の金融業者の場合にはいきなり厳しい催促が行われるということはありませんが、いずれにしてもこの時にどうにかしないと後で非常に困ることになるかもしれません。

 

返済で困った場合には必ず担当者宛に連絡をしてください

 

期日までの返済が厳しいという場合には必ず返済が遅れることについて担当者に電話などをして知らせるようにしてください。

 

カードローン会社からの返済の催促については事前に連絡しておけばストップされます。もちろん延滞していることにかわりはありませんし延滞の記録も残りますが、黙って延滞するよりは多少印象が良くなります。

 

カードローンの返済を延滞している場合にはその間の追加借り入れはできません。ただし延滞をきちんと精算すればまた利用できるようになりますから、出来る限り早めに返済するようにしてください。

 

またどうしてもすぐに返済できない場合にはいつまでに入金すれば利用の再開が可能なのかについて確認してください。返済がこのリミットの期日以降になってしまうと入金したとしてもその後数ヶ月間ペナルティとしてカードローンの利用が停止されることになってしまいます。こうなるとカードローンでとりあえずつなぐこということも難しくなりますから、できるだけこのような状況は避けるようにしましょう。

 

なお利用しているのが銀行系のカードローンでなく消費者金融系のカードローンの場合には、事前の連絡によって支払日についての変更など柔軟な対応を受けることができる場合もあります。

 

ただし最初の1週間でなんとかしないとその後は返済についてはある程度プレッシャーを感じるような催促を受けることになりますから、さらに返済を待ってもらうことは頼みにくい雰囲気になってしまうでしょう。

 

そのようなことにならないためにはやはりこちらから事前に返済が遅れることをきちんと連絡して、遅くても数日の間に入金を済ませるというのがベストな方法になります。

 

延滞を1度でもしてしまうとブラックリストに載ることになるのでしょうか

 

カードローンで返済を延滞してしまうとそのことが借入先の金融業者や業者間で共通して利用されている個人信用情報機関などに登録されることになり大きなリスクやデメリットになってしまうのです。

 

個人信用情報機関には債務整理を行ったことや返済を延滞したことなどが記録されるため、一度こうなってしまうと次回の借り入れの申し込みをしても断られてしまういわゆる「ブラック」と呼ばれる状態になってしまいます。この状態は個人信用情報機関の情報が抹消されるまでの5年から10年程度続くことになります。

 

皆さんが一番気になるのはブラックリストには1度でも延滞をしてしまうと載せられるのかどうかということでしょう。これについては3ヶ月までの滞納の場合には対象にはならないようです。

 

延滞については数回であれば何か事情があったのではないかと配慮してもらえるようですし、数日程度の延滞の場合にはブラックリストについては心配ないでしょう。

 

ただしだからといって短期の延滞を何度も繰り返すようだと金融業者からの信用は大きく下がることになりますし、いきなりブラックリスト入りになって借り入れができなくなる場合もありますからくれぐれも注意して確実な返済を心がけるようにしてください。


 


 ・お急ぎの方にはフル入力がおすすめ!
 ・フル入力で最短1時間融資も可能!

 



※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


 

三井住友銀行カードローン