カードローンの審査に通らない人の特長について

カードローンを申し込んでも審査で落とされるという人には共通した特徴があるようですから、これらについて事前に知っておくことができれば審査の際には有利かもしれません。

 

カードローンの審査に通らない人の共通点について考えてみましょう。

 

借り入れ件数が多いと審査に通りません

 

消費者金融や銀行では業者間で業績を競い合っていますので借り入れ件数について「○件までなら大丈夫」「○件以上は駄目」といった基準があっても外部には公表していません。

 

ですから借り入れ件数に関する判断基準には各社ごとに違いなどがあり、A社に申し込んで審査に通らなかった人がB社の申し込みでは審査に通ったという場合も多いのです。

 

借り入れの件数が多い人の場合にはどの業者を選んで申し込んだらよいのかがポイントになります。ただし借り入れ件数が多ければ多いほど審査に通らない可能性も高くなるのはすべての場合で同様です。

 

申し込みの際に不備があると審査に通りません

 

申し込みの書類に記入する際に電話番号などについて単純な記載ミスをしてしまうと、本人確認ができないため審査に通らないことになります。

 

このような単純ミスについては申し込みの際にしっかりと書類を確認することで防ぐことができます。申し込み者にとっては単純なうっかりミスであっても、審査を行う業者から見れば悪質な嘘と判断されてしまう場合もあります。

 

このようなつまらないことで審査に通らないともったいないですから充分に気をつけるようにしてください。

 

過去に延滞や自己などのブラックの記録があると審査に通りません

 

いわゆるブラックといわれる自己破産・過払い金請求・口座の残高不足による引き落とし不能・3ヶ月以上の延滞などがあると個人信用情報機関にその旨が記録されることになります。

 

業者は審査の際にはこの個人信用情報機関に照会を行いますが、その際に上記のような記録があると審査に通らなくなります。

 

ただし個人信用情報機関の記録については一定の期間(およそ5年間程度)が過ぎると抹消されますので、その後については問題なく借り入れが可能です。

 

ちょっとした油断で延滞などをしてしまうと後で非常に困るかもしれませんから、返済については確実に行うようにしてください。

 

勤続年数が短いと審査に通りません

 

審査の際に会社員ならば1年以上、自営業ならば3年以上の勤続年数があればプラスに評価されます。長い勤続年数の人のほうが返済について確実性が高いと判断されるのです。

 

安定した収入が期待できますので審査に通る可能性は高くなります。年収が高ければ勤続年数は短くてもかまわないのではないかと考える人もいるようですが、実際にはたとえ高収入であっても転職の回数が多い人や現在の勤務先の勤続年数が少ない人の場合には収入の安定性に問題があると判断されて審査に通らないということが多いです。

 

居住の確認ができないと審査に通りません

 

審査のためには居住の確認は絶対に必要です。運転免許でも自宅の電話でも住宅地図の表記でもいずれも駄目だという場合にはほぼ100%審査に通らなくなります。

 

逆にこのような状況の人にお金を貸してくれるような業者については怪しい業者なのではないかと疑う必要があります。融資を受けるためには信用が第一です。居住の確認が出来ない人の場合は信用ランクが最低になってしまいます。

 

いわゆる「申し込みブラック」になると審査に通りません

 

いくつかのカードローンに短い期間に申し込んだ場合には業者から「この人は何件もの申し込みを短期間にしているがよほどお金に困っているのだろうか…」「この人は短期間に何件もの融資を断られているがなにか他社が融資を断るような理由があるのではないか…」などと思われるため融資を断られます。

 

これを「申し込みブラック」などと呼んでいます。一度このような状態になるとしばらくは融資を受けることが難しくなりますので、断られたからといって次々と申し込みを行うことはやめるようにしましょう。

 

「NG職種」の場合には審査に通りません

 

消費者金融や銀行などでは融資について審査をする際に特定の職種についてはNGとしている場合もあります。

 

ただし普通の人が普通の会社で普通に働いている場合にこの「NG職種」に該当するということは実際にはほとんどありませんから、この項目については一般の人はそれほど気にしなくても大丈夫です。

 

自宅の電話や携帯電話が料金未納で止まっていると審査に通りません

 

電話が通じない人に融資はできませんからまずは料金をきちんと払いましょう。このようにカードローンを申し込んでも審査に通らないという人については「当たり前」のことについて問題がある場合が多いといえます。

 

逆にいえば「当たり前」のことをしっかりと行っていれば審査についてそれほど深刻に考える必要はないのです。


 


 ・お急ぎの方にはフル入力がおすすめ!
 ・フル入力で最短1時間融資も可能!

 



※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


 

三井住友銀行カードローン