カードローンの金利についてはしっかりと確認しましょう

会社によってカードローンを利用した場合の金利は異なっています。低い場合には5%以下となっていますが高い場合には18%程度の場合もあります。ですから低金利でカードローンの利用がしたい場合などにはできるだけ数多くのカードローン会社をチェックして、低金利で融資が受けられるカードローン会社を見つけなければなりません。

 

一般に銀行系のカードローンは消費者金融系などと比べて金利が低めなことが多いようです。また銀行系のカードは融資のための審査に時間がかかる場合が多いのですが、中には即日対応が可能な銀行系のカードローンなどもあるようですので低金利のカードローンをできるだけ早く利用したい場合などには検討してみてください。

 

金利に関しては3%などの低金利を示しているカードローンなどもあります。これは数多いカードローンの中でも特に低金利です。ただし申し込んだ人の全てが3%の金利で融資を受けられるというわけではありません。その人の職業や収入の状態、また他社での借入額などを総合的に判断して決められますので、実際には3%という条件では融資が受けられないという場合もあるのです。

 

金利については借りる人の信用度が大きく影響します。例えば公務員などを職業としている人の場合には安定した収入が期待できるため金利が安めに設定されることが多いです。

 

一方で自営業者などの場合にはたとえ収入が高額であっても確実性や安定性に問題があるとされれば金利は高めに設定されることになります。

 

ただし公務員であっても他社からの借り入れが多ければ信用は下がって金利は高くなりますし、借り入れ総額が少なめの場合には金利が高めに設定される傾向があることなども知っておきましょう。

 

利息はどのように計算されるのでしょうか

 

カードローンを利用すると利息の支払いが必要です。無担保で保証人なしで気軽に利用できるのがカードローンなのですが、実際に利用する際には金利についてしっかりと確認をして返済の計画などの見通しを考えた上で申し込むようにしてください。

 

利息の計算に関してはどのカードローン会社を利用した場合でも基本的に共通で日割り計算によって算出されることになります。借りた元本にこの計算された利息を加算した分を毎月返済することになります。

 

実際の計算式は「借入残高×年利÷365日×利用日数=利息」ということになります。例えば30万円の借り入れを年利18%で行って30日で返済する場合には「30万円×18%÷365日×30日」ですので利息はおよそ4438円ということになります。金利についてはカードローン会社や利用する人の状況などにより変りますが、たとえば年利5%の場合に同じ借り入れを同じ期間で行うと利息はおよそ1232円です。

 

上記のように年利5%の場合と18%の場合では返済額が大きく違ってきます。借り入れ期間が長くなれば長くなるほど違いは大きくなりますから、できるだけ金利が低めのカードローンを選ぶことが返済の負担を軽くするために役立ちます。

 

金利が低めに設定されているカードローンの場合には審査については若干厳しくなりますが、それでも申し込んでみるだけの価値がありますから検討してみてください。

 

カードローンは金利が低ければそれでいいのでしょうか

 

カードローンの金利は各カードローン会社ごとに異なりますから、それぞれを比較してできるだけ金利が低く設定されているところで申し込むのが有利です。一般に銀行系のカードローンでは金利が低めに設定されている場合が多く、3%から5%程度で利用できる場合もあります。

 

ただしこれについては注意が必要で全ての人が3%や5%といった低金利で利用できるとは限らないのです。借り入れ時の金利については申し込んだ人の収入の状態や借り入れの状況などによって決められますので、低金利での利用ができない場合もあるのです。実際に利用する場合の金利については申し込む人それぞれで異なりますからカードローン会社に確認してみてください。

 

消費者金融系や信販系のカードローンの場合銀行系と比べると金利が高めに設定されている場合が多いです。法律で決められた上限である18%に近い金利を設定している場合もあります。

 

金利が高いカードローンについては支払いの負担も大きくなりますので申し込みを躊躇してしまうかもしれませんが、一方で審査に通りやすく即日の融資なども受けやすいというメリットもあるのです。ただし借り入れの申し込みが50万円を超える場合などには収入証明書の提出が必要となる場合もあります。

 

ですからお金がすぐに必要な場合や利用が少額で短期間での返済が可能な場合などには消費者金融に申し込むほうが有利な場合もあるのです。

 

一方でまとまったお金が必要で返済にも時間がかかる場合などには銀行系のカードローン会社の方が返済の負担が少なくて済むので有利になります。手軽で便利なのがカードローンですが利用の際には金利の負担についてもしっかりと考えることが必要になります。


 


 ・お急ぎの方にはフル入力がおすすめ!
 ・フル入力で最短1時間融資も可能!

 



※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


 

三井住友銀行カードローン