カードローンの分類とそれぞれの特徴やメリットやデメリットについて

カードローンを一般的な種類ごとに分類すると大きく4種類に分けられます。

 

「一般銀行系のカードローン」「消費者金融系のカードローン」「信販系(クレジットカード)のカードローン」「ネット銀行系のカードローン」です。しっかりとそれぞれの特徴やメリットやデメリットについて比較検討して、あなたの状況に合ったカードローンを選ぶための参考にしてください。

 

「一般銀行系のカードローン」について

 

一般銀行系のカードローンは銀行が提供するものです。単に「カードローン」「銀行系カードローン」と呼ばれる場合もあります。提供する銀行については大手メガバンクはもちろん、都市銀行や地方銀行などでも取り扱いがふえていますし、消費者からの需要も高まっているキャッシングの方法です。

 

「三菱東京UFJ銀行」や「みずほ銀行」などでは年収制限なしで申し込みが可能ですし、低金利で融資金額が大きいのが特徴です。一方で審査については申し込みを行った銀行と銀行に依頼された保証会社の2社で受ける必要がありますので、審査についてはかなり厳しいと考えたほうがよいでしょう。

 

一般銀行系のカードローンのメリットとしては「金利が低いこと」「銀行が扱うため総量規制の対象にならないこと」「利用限度額が大きいこと」などがあげられます。一方でデメリットとしては「審査が慎重で厳しいこと」「融資を実際に受けるまで1週間程度かかることが多く即日対応などが難しいこと」などがあげられます。

 

「消費者金融系のカードローン」について

 

アコムやプロミスやモビットなどの消費者金融が扱うカードローンが消費者金融系のカードローンです。消費者金融系では若干融資の枠が小さくなりますが、審査や融資などの対応が非常に早くスピーディーで即日対応が可能な場合も多いです。

 

利用金額の多さよりも融資のスピードを重視する人たちに多く利用されています。金利が若干高めですが定期的な収入が確実に見込めるのであれば審査は安心になりますし、対応の早さや申し込みから借り入れまでをATMで完結できるという便利さなどが評価されています。

 

消費者金融系のカードローンのメリットとしては「即日の対応が可能な場合が多いこと」「返済に困った場合などに柔軟な対応が可能な場合が多いこと」「親身になって相談にのってもらえる場合が多いこと」などがあげられます。

 

一方のデメリットとしては「金利がやや高めなこと」「利用限度額がやや低めなこと」「総量規制の適用を受けること」などがあげられます。

「信販系(クレジットカード)のカードローン」について

 

クレジットカード会社が提供するカードローンが信販系(クレジットカード)のカードローンです。このカードローンでは各クレジット会社間での金利などの貸し出し条件の差が大きいことが特徴となっています。

 

金利については低めの設定だったり高めの設定だったり利用金額によって変動したりと様々ですが、銀行系と比較するとやや高めの金利設定の場合が多いです。元々はクレジットカードの扱いを主とする会社ですので銀行に準ずるような安心感があるのが大きな利点です。

 

またクレジットカードにキャッシング機能がついているという場合が多いので、使い勝手に優れていてクレジットカードの延長の感覚で気軽に利用できる点が人気となっています。

 

信販系(クレジットカード)のカードローンのメリットとしては「比較的審査に通りやすい」「クレジットカード会社によるものなので安心感も高い」「クレジットカード一体型で使いやすい場合が多い」などがあげられます。

 

一方のデメリットとしては「金利がやや高めの場合が多い」「利用限度額が銀行系や消費者金融系よりも低い場合が多い」「カードローン単体で積極的に展開している場合が少ない」などがあげられます。

 

「ネット銀行系のカードローン」について

 

ネット銀行の扱うカードローンがネット銀行系のカードローンです。ネット銀行は実店舗を持ちませんから、インターネット上で申し込みなどを行うことが特徴となっています。

 

実店舗でなくネット上での利用になりますので利用者が人目を気にしなくてもよいことや返済などの手間が少ないことなどが特徴になっています。さらにネット銀行の場合は普通の銀行と比べると人件費が少なくて済みますので、その分金利の面などで有利な場合が多いです。

 

ネット銀行系のカードローンのメリットとしては「金利が低いことが多い」「即日対応可能な場合も多い」「利用限度額が高めである」「特典や金利の優遇などのキャンペーンを積極的に行っている」「大手都市銀行などと比べると審査に通りやすい」などがあげられます。

 

一方のデメリットとしては「途上与信などの関係で途中から利用ができなくなる場合もある」「ネット銀行自体が歴史が浅く流動的なためサービスの変化なども起こりやすい」「ネット銀行の口座開設が必要な場合もある」などがあげられます。


 


 ・お急ぎの方にはフル入力がおすすめ!
 ・フル入力で最短1時間融資も可能!

 



※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


 

三井住友銀行カードローン