カードローンは借り入れを一本化するおまとめローンにもおすすめです

借り入れを複数の業者から行っていると一ヶ月の間に何度も返済日がやってきます。

 

返済手続きが煩雑になり返済を忘れてしまったりすると後が大変です。また複数の業者に支払うため金利の負担も重くなってしまいます。このような状況の人にはおまとめローンに申し込んで借金を一本化することをおすすめします。

 

借金を一本化することで返済先が1つになりますから返済は月に1度でOKになります。返済のための資金を準備するのにも有利ですし月に1度ならば忙しくても返済を忘れることはありません。手続きや管理が簡単になって有利になります。

 

また借り入れが複数に分散していると一件あたりの借り入れ額は少ないために金利が割高に設定されることが多いのですが、一本化して一件の借り入れ額を大きくすることで低金利が適用される場合もあります。

 

カードローンを利用した借り換えについて

 

キャッシングを利用している人は多いのですが利用している理由についてはそれぞれに異なります。しいて言えば現金が必要だというのが共通した理由でしょうか。現金が早急に必要だが蓄えがないためにキャッシングを申し込んで融資を受けるということになります。

 

ですがそれでもやはり現金が不足する場合にはさらに別のキャッシングに申し込んで融資を受けなければなりません。このようにして複数の借り入れを行うと支払いの負担も大きくなります。

 

実際の返済方法についてはキャッシング会社ごとに異なっています。毎月決まった返済日に返済を行う場合もあれば、前回の入金から1ヵ月以内に入金する場合などもあります。しっかりと返済スケジュールを把握していれば良いのですが、実際には仕事や家事などに追われて支払日をついうっかり忘れてしまうことなどもあるでしょう。

 

ですがこちらはついうっかりでもキャッシング会社はしっかりと確認をしていますからすぐに催促の電話などがあるでしょう。またキャッシングというのは個人の信頼を担保として融資を行っていますから支払いが遅れることで個人の信用は一気に低下してしまいます。何度も繰り返していると利用限度額の増額ができなくなったり新規の借り入れを停止されてしまう場合などもあります。

 

このような状態の人には複数の借り入れをカードローンを利用して一本化することがおすすめになります。一本化というのは複数利用しているキャッシングを一つの借り入れにまとめることを意味しています。

 

例えばA社から20万円、B社から30万円、C社から50万円を借りている状態であれば、これらを全てD社からの100万円のカードローンに借り換えるのです。なんとなく考えると30万や50万と比べて100万円の借金は大変なことのように思えますが、よく考えてみればトータルでは同じことなのです。

 

借入れを一本化するメリット

 

借り入れを一本化すると返済が月に1度になりますから返済日を忘れることもないでしょう。また自分の借金の総額の把握などが簡単ですから返済計画の管理のためにも便利です。さらに金利の面でも有利に働くことが多いです。

 

通常借り入れ金額が多くなるほど金利が低くなる傾向がありますから、50万円以下の利用だったA社B社C社よりも100万円の利用のD社の方が金利が安くなる場合が多いです。金利が低くなれば返済総額も少なくなりますから非常に有利です。

 

このように多くの利点がある借り入れの一本化ですから、現在複数の借り入れを行っているという人はカードローンを利用して借り入れを一本化することを是非ともご検討いただきたいと思います。


 


 ・お急ぎの方にはフル入力がおすすめ!
 ・フル入力で最短1時間融資も可能!

 



※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


 

三井住友銀行カードローン