カードローンの返済ができない場合の対応について

カードローンの返済がどうしてもできないという場合は誰にでもあることですからまずは落ち着いて冷静に行動することを心がけるようにしましょう。

 

「携帯電話にカード会社からの着信が止まらない」「督促状が郵便で届いた」などという場合にはすぐにカードローン会社に連絡をするようにしてください。あなたが借り入れを行っているカードローン会社が大手であればまだ十分に対応することが可能です。

 

カードローンの返済ができないという場合にはまずは自分からカードローン会社に直接電話をして返済ができないことを伝えましょう。自分からきちんと電話連絡をすればむこうからの電話は止まります。次にいつまでに入金ができるのかを伝えましょう。

 

2〜3日程度で入金ができればそれまで待ってもらうことも可能です。またどうしても返済ができないという場合には金利の分だけの返済について相談してみましょう。最低限金利分の支払いをすれば元本分については返済を待ってもらえる場合もあります。

 

カードローン会社からの鳴り止まない電話で困っているという人の場合には上記の手続きを試してみてください。滞納している立場で自分から電話をするのは気が進まないかもしれませんが、自己責任ですからきちんと電話をするようにしましょう。

 

大手のカードローン会社から電話が続くのは、返済が遅れれば遅れるほど金利や延滞損害金が増えて後々困るということをあなたに知らせようとしているからなのです。実際に返済が滞った場合でカードローン会社からの電話が続いているような場合でもこちらから電話して金利分だけでも支払うようにすればすぐに電話は鳴り止むようです。

 

このように返済ができないという場合には自分から直接電話をして相談をするということが大切になります。返済ができないからといってカード会社から逃げてしまうと何の解決にもなりませんし状況は確実に悪化してしまいます。

 

勇気を持って自分からしっかりと向き合うようにすることが解決には必要ですから今すぐに実践してみてください。

 

実際にカード会社に電話をするとどのような対応になるのでしょうか

 

そうとは言ってもやはり滞納している立場だと電話をすることに不安を感じるかもしれません。こちらから電話をして「今月どうしてもお金の支払いができません」などと言ったらカード会社の担当者はどのような反応をするでしょうか。

 

激しい口調で怒られるのではないかと想像している人もいるかもしれませんが、実際にはそのようなことはありません。以前は確かに強引な取立てなどが行われていたこともあったのですが、消費者金融の取立てについては社会問題となってマスコミなどでも盛んに取り上げられたため、現在では強引な取立てを行うようなカードローン会社は特に大手ではまずありません。

 

少しでも強引な取立てをカード会社側が行うとすぐに業務停止処分を受けてしまうのです。国や提携先の銀行などから厳しくチェックをされていますのでほとんどのカードローン会社でとても丁寧な対応が行われています。

 

ですから「今月どうしてもお金の支払いができません」などと大手のカードローン会社に相談した場合に怒られたり脅されたりすることを心配する必要はありません。

 

むしろ非常に丁寧な対応で「それでは対応策を協議しましょう」と返済のための方法を一緒に考えてくれますから、返済に困った場合にはすぐにカードローン会社に相談するというのがベストな方法なのです。ちなみに「今月どうしてもお金の支払いができません」という場合にはカード会社に次のような相談をしてみましょう。

 

まずは金利分だけでも支払うことを提案してみましょう。元本については返済しませんので借り入れの総額は変りませんが、とりあえずは急場を凌ぐことができます。

 

また給料日などでお金を確保できる見通しがあれば数日間だけ返済を延ばしてもらうことを提案するのも良いでしょう。ただしこの場合には遅延損害金の支払いが必要になります。またどうしても支払いができないという場合には金利の見直しなどをお願いしてみましょう。これは実際には難しいかもしれませんが駄目で元々のつもりでお願いしてみましょう。

 

実際には金利分だけでも支払えば元本の返済については待ってもらえるという場合が多いようです。お願いしてみると多くの場合で「はいわかりました」とあっさり認めてもらえるようですし、特に大手カードローン会社の社員の場合にはとても丁寧な言葉遣いや対応をすることを教育されていますから安心して電話してみてください。

 

カードローンの返済が出来ない場合に絶対にしてはいけない対応について

 

カードローンの返済が出来ないという場合に絶対にしてはいけない対応について解説します。もしもあなたがカードローンの返済を滞らせてしまうとカード会社から電話連絡がくるかもしれません。その場合には必ず何があっても電話に出ることを心がけてください。また事前に返済ができないということがわかっている場合には必ず自分からカード会社に返済が遅れることを連絡するようにしましょう。

 

この時に絶対にしてはいけない対応はカード会社からの電話に出なかったり無視したりすることです。なぜカード会社からの電話に出なかったり無視したりしてはいけないのでしょうか。それはカード会社からの電話に出ない場合にはカード会社からの電話連絡がだんだんと激しくなりプレッシャーも大きくなるからです。

 

もしもあなたがカード会社の電話に出ずに無視を続ける場合には、数日後にカード会社はあなたの勤務先に電話を直接かけてきます。このときには「折り返しの電話をお願いします」と伝言を勤務先に残すことになります。次に数週間後に借り入れの際に登録した固定電話に電話をかけてきます。このときにも勤務先と同様の伝言を残すことになります。

 

これらに対しても無視をしていると最終的にあなたの自宅と実家あてに督促状が郵便で届くことになります。この時点まで進んでしまうと「早急に返済をお願いします」とはっきり請求されることになります。

 

カード会社はこのように外堀を固めるような手順で少しずつあなたにプレッシャーをかけてきます。またカード会社からの連絡によって周りの人たちにも「借金をしているのですか?」と感づかれてしまうことになります。このようなことを考えるととにかくカード会社からの電話は必ず受けるということが大切になります。

 

不在で電話に出られなかった場合などには必ずこちらから折り返しの電話をかけるようにしてください。また返済ができないということが事前にわかっている場合には必ず自分から電話をかけてそのことを担当者に伝えるようにしましょう。

 

こちらから先に連絡をして対応策を相談するようにすればカード会社から電話がかかってくるということはありません。お金を借りて返せない立場だと気が重いかもしれませんが、勇気を持ってきちんとした対応をすることをおすすめします。


 


 ・お急ぎの方にはフル入力がおすすめ!
 ・フル入力で最短1時間融資も可能!

 



※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


 

三井住友銀行カードローン