カードローンの利用限度額を引き上げるためには

キャッシングでは利用できる限度額が決まっていますが、これを引き上げる「増額」が認められる場合もあります。

 

例えば新規の契約時に利用限度額が50万円と設定された場合には50万円を超える借り入れを行うことはできません。ですが利用限度額を増やしてもらうことができればそれだけ大きな金額の借り入れを行うことができるのです。

 

増額による利点としては利用限度額の制限があった場合には大きな金額が必要だと複数の業者からの借り入れが必要になるのですが、利用限度額が大きくなると1社からの借り入れでまかなうことができますので返済の手間なども少なくて済みますし精神的な負担も軽くなります。

 

キャッシングの利用限度額を上げてもらうことは誰にでも認められるわけではありません。増額のためには審査を受ける必要がありますし審査に通らなければ増額は認められません。それでは実際にキャッシングの増額を申し込んだ場合にはどのような審査が行われどのような点によって増額の可否が判断されるのでしょうか。

 

キャッシング増額の種類について

 

銀行系カードローンや消費者金融の増額やクレジットカードのキャッシング枠の増額などがキャッシングの増額にはありますが、いずれについても基本的には同じ内容だといえます。ただしクレジットカードのキャッシング枠については利用者が自分から申し込まない限りあまり利用の限度額は増えないというのが一般的です。

 

クレジットカードを更新する際などにキャッシングの限度額が増額されているという場合もありますが、クレジットカードのキャッシング枠については利用者の申し込みがなければ上がらないのが一般的だと考えてください。

 

一方で消費者金融のカードローンなどの場合には、消費者金融から増額の案内の営業電話や営業メールなどを受けることがあると思います。また会員専用ページにパソコンやスマホや携帯電話などでログインした際に同様の案内が届いているという場合もあるでしょう。

 

実際にこのような案内が届いているようであれば、申し込むことで増額の審査に通過できる可能性が高いです。消費者金融は過去の返済状況を確認していますから、返済が遅れがちな人などにはこのような案内は送りません。

 

案内が届いているということは消費者金融があなたについて限度額を上げても大丈夫だと考えている場合が多いのです。

 

キャッシング増額の審査の内容について

 

実際にキャッシングの増額を申し込むとどのような点についてチェックされるのでしょうか。キャッシング増額審査でポイントとなる点について解説します。

 

キャッシング増額の審査では「前回契約時の負債額が年収の3分の1未満かどうか」「前回契約時の返済の状況について」「前回契約時から借入額が増加したかどうか」「前回契約時からどのぐらいの年月が経過しているか」などがチェックされます。

 

それぞれの条件にに「前回契約時」という言葉が入っていますが、これは新規か増額かなどは関係なく前回の契約を意味しています。契約の際には必ず審査を行いますからその前回審査の時点が基準となります。

 

「前回契約時の負債額が年収の3分の1未満かどうか」

 

消費者金融やクレジットカード会社が増枠を審査する際には総量規制の範囲内かどうかがチェックされます。消費者金融やクレジットカード会社は貸金業者ですから総量規制の対象となりますので、融資については融資を受ける人の年収の3分の1までに制限されることになります。

 

ですからすでに年収の3分の1に相当する額の借り入れを行っていれば追加の借り入れはできないということになります。総量規制の制限を受けるという方については銀行系のカードローンの申し込みをおすすめします。銀行は貸金業者に含まれませんから銀行系のカードローンは総量規制の対象外なのです。

 

消費者金融やクレジット会社は顧客の信用情報を共有していますがこれについてはいつでも自由に照会ができるというのではなく、一定の定められた目的がある場合のみ照会が可能となっているのです。

 

ですから融資のための審査や総量規制の対象チェックなどの場合にしか消費者金融やクレジット会社は顧客情報の照会を行うことができません。

 

例えば利用額の増額の案内などが消費者金融などから届いた場合には、前回に契約した時に照会したあなたの顧客情報を参考にして判断が行われているということになるのです。

 

「前回契約時の返済の状況について」

 

返済の状況についてはキャッシングの増額の審査では最も重視されるポイントです。主な審査ポイントは「毎月遅れることなく支払いを行っているか」「毎月の最低返済額よりも多めの金額の返済をしているか」などです。確実な返済を行うことは当然なのですが、さらに最低返済金額よりも多めの返済をしていれば審査にパスする可能性が高くなります。

 

例えば50万円を借りて月々の最低返済金額が1万5千円の場合などに、毎月必ず2万円〜3万円程度の返済を行っている人の場合には返済については余力がありそうだということで審査で有利になる可能性が高いです。

 

ただし多めの返済を行っていても追加の借り入れを頻繁に行っていたりすると追加借り入れを目的とした多めの返済だと判断されますので注意しましょう。さらに当たり前のことなのですが月々の返済が遅れがちな人の場合には利用額の増額は難しいでしょう。

 

キャッシング会社ごとに独自の判断基準があるのではっきりとはいえないのですが、例えば過去に1日だけ返済が遅れた場合があってその後は遅れることなく確実に返済しているという場合などは大丈夫だろうと思われます。ですが数日以上の返済の遅れがあったり過去に何回も返済の遅れがあったりした人については増額を断られる場合がほとんどです。

 

「前回契約時から借入額が増加したかどうか」

 

増額の審査の際には前回契約時の信用情報と今回の審査のために照会して確認した信用情報を比較して、自社以外での借入額が大幅に増加している場合などには増額を断られる場合がほどんどです。

 

申込者については返済能力と安定性を重視しますので、借入額が大幅に増えている人の場合には審査に通らない可能性が高くなります。またキャッシングについては1社のみを利用しているという人の割合が高いことから、2社や3社などを利用している人については審査が厳しくなります。

 

「前回契約時からどのぐらいの年月が経過しているか」

 

キャッシングの利用が頻繁な人の場合にも利用限度額の増額が認められない可能性が高くなります。一方で契約時から1年以上が経過している場合などには増額の審査に通りやすくなるようです。


 


 ・お急ぎの方にはフル入力がおすすめ!
 ・フル入力で最短1時間融資も可能!

 



※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


 

三井住友銀行カードローン